小田原みかんビール

すっきり、さっぱり!日常的に楽しめる小田原みかんを活かしたビールが共同開発により新登場!

小田原みかんビールは、株式会社UMEMARU Inc.と合同会社小田原かなごてファームは、両団体の栽培したみかんを活用した商品です。

みかんビールは、正式にはビールベースのカクテルです。みかんにぴったりなビールに、小田原みかん果汁を独自の配合で加えたビールの旨みを残しつつ、みかんのフルーティーな味わいが交じり女性にも飲みやすい味わいへと変化します。暑い野外イベントやお祭りなどにぴったりです。

ビールの提供の際は、ロゴ入りの専用コップを使用します。一部におひるねみかんを使用している小田原みかんビール。みかんを模したおひるねをする猫が特徴的なロゴが完成しました。

2018年はイベントでの出店をメインに行います。初お披露目は5月2日から6日に開催の北条六斎市(予定)

開発・販売の経緯


株式会社UMEMARU Inc.と合同会社小田原かなごてファームは、両団体の栽培したみかんを活用して誕生した、小田原みかんビール。

UMEMARU Inc.は自社農場でみかんの収穫体験や湘南ゴールドエナジーをはじめとした地域の特産を活かしたプロダクトの企画・開発を行っています。

合同会社小田原かなごてファームは、遊休農地を活用し、みかんの栽培とおひるねみかんジュースの企画・販売を行なっています。

両団体が2017年9月に参加した日本みかんサミットで他県の先進的な取り組みを学び、小田原でもみかんをPRするためのプロダクトはできないかと考え、愛媛での事例を参考に共同開発を行いました。

そこに南足柄出身で、同じく自身の実家でもみかんを栽培している加藤雅大もマーケターとして参加しています。

Member

守屋 佑一

UMEMARU Inc.代表
1988年5月、青森で生まれ、小田原で育つ。
リンゴ農家とミカン農家のハーフ。
2006年よりエナジードリンクを愛飲。
飲料を中心とした商品プロデュースを行う他、農家としての顔も持つ。
主な栽培作物は柑橘。SHONAN GOLD ENERGYには守屋佑一が栽培を行った湘南ゴールドも一部、使用している。

ライフワークは旅。
2015年には47都道府県すべてを制覇した。

講演や小学校での授業なども多数。
また、コンサル事業なども行い、公民館の新たな活用方法の提案としてKouminkan Cafeも主催する。 
BLOG:umemaru-camp.com
TWITTER:@MORIYA_YUICHI

小山田 大和

合同会社小田原かなごてファーム代表

1979年9月神奈川県大和市生まれ。なので名前を大和という。

大学時代から小田原の街づくりに参加。2011年の東日本大震災と原発事故を経て、自然エネルギーを地域で普及する実践を創ることを生涯の役割と定め奮闘。地域の課題と自然エネルギーを結びつけて活性化を図るプロジェクトを精力的に推進している。

特に耕作放棄地問題に目をつけ、耕作放棄地=おひるねしている土地と考え、小田原のみかん文化を守るべくおひるねみかんプロジェクトを始動。小田原みかんをそのまま使ったおひるねみかんジュースを開発。更には地元の老舗酒造メーカー井上酒造とコラボしたおひるねみかん酒スパークリング等を開発している。

また農地で自然エネルギーを創りながら耕作も行うソーラーシェアリングを実装。

今回、そうした活動が評価され平成29年度かながわ地球環境賞を受賞。

加藤雅大の画像

加藤 雅大

1981年6月神奈川県南足柄市生まれ

東京にて人材会社・Web制作・Webマーケティング会社にてセールス、Webディレクター、役員を経験後、地元に拠点を移すために独立。2018年1月より茅ヶ崎にあるシッピーノ株式会社でセールスマーケティングを担当。

地元をオモシロくすることは何か?自分には何ができるか?を常に考え、様々なイベント企画や地域活動に参加。守屋氏・小山田氏の想いに共感し、小田原みかんビールプロジェクトにマーケターとして参画。
小田原を皮切りに、足柄みかんビールや〇〇みかんビールなど横展開も検討中。
小田原高校・青山学院大学 卒業

facebook:masahiro.ka10



お問い合わせ

イベントやお祭りの出店のご相談など、小田原みかんビールのお問い合わせは、守屋(UMEMARU Inc.)までお気軽にご連絡ください。